顔のたるみの原因を知って生活習慣を改善【簡単に解消する方法】

顔のたるみの種類を知ろう

カウンセリング

美容クリニックで顔のたるみの治療を行うことが可能ですが、たるみの種類別で治療方法が異なります。どのたるみにどんな原因があるかを知ることで、それに合わせて適切な対策を行うことができます。
顔のたるみは、シワやほうれい線の原因にもなってしまいます。老けて見られてしまう原因にもなってしまうので、実年齢より老けて見られてしまう方はたるみを解消することで見た目を若返らせることができるのではないでしょうか。
このたるみには何種類かのタイプがあります。そのタイプ別で対処を行うことで、効率よくたるみを対処することができます。自宅で化粧品を使用してたるみ対策を行うことも可能ですが、それができないタイプのほうれい線もあります。その場合は美容クリニックでそれぞれのたるみの治療を行いましょう。
たるみは大きく分けて5つの種類があります。まずはまぶたのたるみです。まぶたは顔の中でも特に皮膚が薄い部分になるので、目をこすった際の刺激や、紫外線などによる刺激に敏感に反応してしまいます。また、乾燥しやすい部分でもあるため、年齢とともにどんどんハリが失われてしまいます。普段目元のメイクでアイシャドウやマスカラを使用している方はメイク落としで擦って、知らず知らずのうちにまぶたに大きな刺激を与えてしまっている可能性があります。パソコンを長時間見るデスクワークの場合も目に刺激を与えてしまっている可能性があるため、それもたるみの原因になってしまう恐れがあります。
また、目元のたるみでは目の下の部分も気になるという方もいるのではないでしょうか。この目の下のたるみは、加齢が原因でできてしまう方が多いようです。年とともに目の周りの筋肉が衰え、脂肪を支えることができずに目の下にたるみができてしまうのです。目の下の皮膚が薄いため、たるみができるととても目立ってしまいます。
たるみができるのは目元だけではありません。頬にもたるみができてしまいます。年齢とともに顔の筋肉が落ちて脂肪や皮膚を支えることができずにたるんできてしまうのですが、この頬のたるみができることでほうれい線ができてしまい、老けて見えるようになってしまいます。しかし、顔の筋肉が衰える前に若いうちから表情筋を鍛えることにより、頬のたるみをある程度防ぐことができます。表情筋を鍛えていないとたるみが早い段階でできてしまう可能性もあり、放っておくと対処も難しいので普段から顔の表情筋のトレーニングを行っておくことをおすすめします。
顔のたるみ以外には、あごのたるみや首元のたるみがあります。あごは比較的脂肪が少ない部分ですが、筋肉が衰えてしまうとそれほど太っていない方でも二重あごになってしまう可能性があります。また、首元は乾燥しやすい部分なので、年齢が出やすい部分でもあります。皮膚のハリが減少していくことでたるみやシワなどが増えていくので普段から保湿を心がけると良いでしょう。首元は顔の下に位置するので顔全体のたるみが現れやすい部分でもあります。
このように加齢が原因で自分でのケアができないたるみに関しては美容クリニックでの治療がおすすめです。それぞれのたるみの種類によって適切な治療法を提案してくれ、施術を行うので、自分で顔のたるみやシワのケアが難しくなってきたら、美容クリニックに相談をしてみてはいかがでしょうか。

To Top